2017年06月10日

キャンピングトレーラーを買うかどうか迷っている人に伝えたいこと


※まず、100%ペイすることはない

通常に勤めながら使うのであれば、せいぜい月に2度か、3度でしょう。
だけれども、人数にもよりますが、その位だったら、ふつうに宿をとっ
た方が安い。

トレーラーの金額のほか、連結器、車検、保険、駐車場代、タイヤ代、
それに牽引することで余分にかかるガソリン代や高速代、それに備品の
費用、それなりにお金がかかります。家族3人で3泊、安いとこ探せば
6〜7万でしょ。我が家は契約駐車場で、買ったばかりでお金のかかる
時期だということもあるけれども、車両の代金も含めると、やっぱりそ
の位は払ってますよ。

キャンプしたいとなると、それと別途にキャンプ場代がかかるわけです。
だいたい、キャンピングカーで行くと、AC電源つきの割高なサイトをあ
てがわれるわけです。それも、トレーラーだと自走式よりさらに割高だっ
たりすることもある。

そうじゃない。トレーラーを含め、キャンピングカーは自由を得るため
の手段であり、趣味を充足するためのものだから、お金の計算をしちゃ
いけない。ちゃんと払えるかどうかだけ計算したら、ペイするかどうか
計算せずに買わないといけないシロモノなのです。

※買っちゃうと、かなり生活は縛られる

トレーラーを買っちゃうと、トレーラーを使わないといけない気になる
し、使わなくてもそれなりに整備していかなければならない。そういう
ところからフリーになれる人は、いろんな意味でお金持ちだと思います
が、小市民はそうはいかない。
買っちゃうと、否が応でもトレーラーに人生のなにがしかを取られるこ
とになります。それが許せるくらい、トレーラーというものが好きであ
るなら買ってもいいし、そうでないのなら、買わないほうがいい。

※けっこう、自分で工作はしないといけない

フル装備のトレーラーを買って、業者任せで全部修理していたら、それ
なりに相当のお金が出ていきますし、業者の工場が、3ヶ月先までいっ
ぱいですとか言われたら普通に3ヶ月近く修理に待たされたりするわけ
ですよ。
水栓1つ交換するのに3ヶ月ですよ。自分でやれば2,3時間で終わる
作業なのに。
だから、自分で何もできない人は、基本的にキャンピングカーは買わな
い方がいいと思います。お金はあってもね。

※そして、近くにディーラーがない人は、買わない方がいい

自分でいろいろやるにせよ、なんだかんだいって、トレーラー屋さんに
はお世話になるわけです。その、お世話してくれる店が近くにない人や、
お店をたらいまわしにされちゃう人は、維持に苦労することになる。で
きれば、買わないほうがいい。

※お金がない人は買った方がいい。時間がない人は手を出すな

僕ね、3台トレーラー買って、1台目のときは一番時間がなくて、今が
いちばんお金がない状態でした。で、やっぱりトレーラーをトレーラー
らしく使えているのは、今がいちばんだと思います。1台目なんか、買っ
たはいいけど、ほとんど走らせるばっかりで何の旅行をした記憶も残っ
てない。

なんにしてもね、時間がなければ、絶対に使えない。だから、時間がな
い人は手を出さない方がいいし、時間はあるけどお金がない人は、ほん
と無理してでも買ったほうがいいと思う。

※はっきりいって、注目を浴びるのは覚悟しておいたほうがいい

珍しいからね。

※トレーラー置いてこれる場所なんか、そうめったに見つかるものではない

トレーラーをどこかに置いてくればヘッド車だけで自由に動ける、とか
いうけど、そもそも、置いてこれる場所を見つけるのが、日本では困難
なんだ。JRVAが言うには、道の駅に置いてくるのはマナー違反(僕は程
度問題だと思うんだけどなー。ガラガラの道の駅に短時間デポするのだっ
たら、許してくれよと思うんだが)
ということなので、道の駅は基本的に使えない。あと、路肩とかチェー
ン装着所とかが考えられるけど、そんなにね、置いてこれる場所自体が
そう簡単にはみつからんのです。

※自走式が買えちゃう人は、自走式にした方がいいと思うなー。

2,3泊定置で使うのであれば、キャンピングトレーラーにまさるキャ
ンピングカーはないけれど、ふつうは、1泊か2泊か、そんな使い方だ
と思います。だとすると、トレーラーである必要はないし、自走式の方
がなにかと便利に使える。それでもなおトレーラーというのは、よほど
トレーラーが好きでないと厳しいと思うのです。やはり、長期の休みを
取りやすい人にこそ、トレーラーはすすめやすい。
冷静に考えればわかるけど、トレーラーは日本では便利な乗り物ではな
いんだよ。初期費用の安さにつられてトレーラー買って失敗して、自走
式に行ってる人ってけっこういるから、よーく考えた方がいいよ。初期
費用は安いけど、自走式なら直接いけるところが、トレーラーだとどっ
かに置いてこないといけない。置いてくる場所が、50キロ位向こうだっ
たりしたら、リッター10キロでも1300円じゃないですか。

※トレーラーは絶対新車がいい

トレーラーは鬼のように値落ちしない。下手すると税金分だけまけまし
たけど新車金利と中古金利の差で総支払額は中古の方が高かったなんて
こともある世界。
ちょっと値ごろ感があるなと思う車体だと、もう7,8年落ちてたりす
るけど、7,8年落ちればそれなりにヤレてくるわけですよ。だったら、
少し高くても新車で買って、気持ちよく乗ったほうがいいと思うんだよ
ね。

※トレーラー選びは家を選ぶのと一緒。真剣に選べ。

何もなければ、普通に20年くらい耐用年数はある。クルマとはその中
で、家族が増え、いっしょに遊んでくれる家族が減る。そこまで見越し
て買わないといけね。ある程度ペイすることを見越すのであれば、子供
が小学生低学年のうちに買った方がいいし、中学生が見えてくるように
なったら親と一緒には遊んでくれないろうから、もう買わないほうがい
い。それより上になったら、今度はファミリー向けのレイアウトじゃな
くて、カップル向けのレイアウトにしたほうがいいと思った。

※妻に食事を作らせるな

そんな奴にキャンピングカー乗る資格はないというか、妻に食事作らせ
てるといつか愛想つかされる。一緒になってやるか、場所が狭いような
ら交代でやるか、あるいは作るのと片づけるのとで分担するとか、そう
いう具合にしないと、夫はいい気分かもしれないけど、妻と気持ちに温
度差ができる。末永く楽しむためにも、食事を全部妻に作らせてはいけ
ないのです。

※バックは簡単だよ。

数時間練習すればバックはできるようになる。正しく誘導さえしてもら
えば、誰か人が死んだりはしない。だけど、前に引っ張るのは一生かけ
て上達する技術。自走式にしろ、牽引式にしろ、前に進むのは一生練習
だと思い続けなければならない。それができない人は、キャンピングカー
はやめた方がいいし、普通の自動車もやめた方がいいし、免許も返した
ほうがいい。

posted by wakky at 20:29| Comment(0) | トレーラー知識

2017年06月01日

維持費

我が家ではトレーラーの維持費は以下のとおり

任意保険 1万3千円
駐車場代 8千円
自動車税 1千円(1万円・1年)
車検積立 2千円(5万円・2年)
修繕費・備品代 1万円

任意保険がだいぶ高いですが、1年目で、フルカバータイプに入れているので。

ふつうは牽引車の保険が使えるのですから、普通の人は車両保険のみ入る感じ
でしょう。キャンピングカー専用の保険屋さん(シェアティブ)で2年目単体
車両保険だと月3千円だから、車対車Aとかでよければ月1500円程度ではな
いかと思います。フルカバーでも8千円だそうですから、来年度からはだいぶ
下がりそうな予感です。
posted by wakky at 02:25| Comment(0) | トレーラー知識